こんにちは!有限会社T・アートと申します。
弊社は住宅リペアのご依頼を承っている会社で、主にフローリング補修や壁穴補修を行っています。
弊社のような住宅リペアの会社には、どのようなご相談がくるかご存じですか?
ご依頼の中で一番多い内容は「フローリング補修」です。
フローリングは日常生活に欠かせないですよね。
加えて、毎日通るため傷などがあれば目に入って気になっていまいます。
そこで、フローリングを長く保たせるために、自宅でできるフローリングの痛み対策をご紹介したいと思います。

フローリングが傷みBest3

1位 椅子や机などによる摩擦

フローリングは摩擦に弱く、繰り返しこすれることによって表面が剥がれていってしまいます。
特にリビングなどのフローリングはこの理由が1番多いでしょう。
椅子などを引きづっている床には小さな傷ができていることが多く、その小さな傷から損傷が広がっていくことで補修が必要になります。

2位 結露などの水分による損傷

フローリングの素材は木材です。
そのため、水分を吸ってしまうと腐食してしまいます。
腐食が進むことで、フローリングの変色や表面のコーティングが剥がれ、どんどん傷みが広がってしってしまうのです。
特にベランダ近くやお風呂場近くのフローリングでよくみられます。

3位フローリングの寿命

フローロングの寿命は、およそ10~20年といわれています。
素材が木材であるため、自然劣化は免れません。
だからこそ、日々お手入れを続け寿命を長く持たせることが重要なのです。

フローリングのお手入れ方法

定期的にワックスをかける

フローリングを保護するために、ワックスがけを行いましょう。
定期的にワックスがけを行うことで、汚れも落ちやすくなり日々の掃除も楽になります。
また見た目もツヤツヤになり、美しいフローリングを維持できます。

保護シートを活用する

ワックスに加えて、フローリング保護シートを使用するのも良いでしょう。
ワックスは水分に弱いという面があります。
そのため、水分が染み込むとフローリングの劣化につながりますので、ワックスと保護シートを併用することでより長くきれいな状態に保てます。

住宅リペアで部分補修しませんか?


フローリングをきれいに保つ方法をご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
もうフローリングが傷んでしまっているのではとご不安な方でも、遅くはありません!
住宅リペアで傷んでいるところだけフローリング補修することが可能です。
他にも、壁穴補修やアルミサッシなどご自宅のお悩み、弊社が解決いたします!
金沢市だけでなく、南は福井市まで活動しておりますので、お問い合わせページよりご連絡くださいませ。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。


金沢市・福井市の住宅リペア・フローリング補修は有限会社T・アート
ただいま、業務拡大につき石川県と福井県で新規スタッフを求人中です!
〒929-0327 石川県河北郡津幡町庄132-6
電話:076-288-3713 FAX:076-288-5671
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする