こんにちは!石川県と福井県に拠点を構え、金沢市をはじめとした北陸三県でアルミサッシ補修やフローリング補修を手がけております有限会社T・アートです。
弊社では、住宅リペアも承っておりますが、住宅リペアとはどういった作業なのかわからない方も多いでしょう。
そこで今回は、住宅リペアについて迫ってみたいと思います。

住宅リペアはどんな作業?

リペアとは、傷んでしまった部分を修復あるいは修繕することを指します。
住宅リペアでは、住宅のフローリングもしくは柱・梁などの木でできた製品のキズや欠け、凹みを張り替えや取り替えをすることなく、きれいに修復できるのです。
リペアは、フローリングが凹んだとしても、目立たない程度にまで修復できる点も魅力です。
また住宅にできたキズのみを直に修復するため、時間と費用がかからない点も住宅リペアの特徴といえるでしょう。

どんなケースに適している?

住宅リペアが、どういったケースに適しているのかについても見ていきましょう。
例えば家具の移動により床にキズをつけてしまった場合や、タバコの焦げあとをつけてしまった場合に住宅リペアが適しています。
上記のようなトラブルでお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

リペアの作業過程とは?

住宅リペアをする際には、まず補修を行う場所を確認して作業前のご説明をします。
作業の第一段階は、木質用のパテを混ぜて補修をする部分のまわりに近い色をつくることです。
そして補修をするところの凹みにでき上がったパテを充填します。
この際、充填する場所にゴミや水分、油分などの汚れがあった場合、それらを取り除く作業も必要です。
汚れが取り除かれたら、凹んだキズ口を木質用のパテで十分に埋めて、凹みがなくなるようにします。
充填ができたら、埋められた木質用パテの余った部分を削り滑らかにします。
これは、「面だし」という作業です。
面だしをしたら作業が終わりというわけではなく、この後は周囲に合わせ、筆を用いて木目を描いていきます。
リペア用に使われる絵具は白や赤、青、黄の4色のみであり、これらの色を混ぜてキズあるいは木目に近い色をつくるのです。
補修を行った部分と周辺が馴染むように、スプレーを吹きかけて仕上げ作業は完了となります。

T・アートへご相談ください!

有限会社T・アートでは、住宅リペアなどの作業のご依頼を承っております。
ご自宅のフローリングにキズができてしまったなどのお困りごとはありませんか。
弊社では腕利きの職人がそろっているため、高品質で丁寧な作業をご提供いたします。
住宅リペアなら、ぜひ有限会社T・アートにご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


金沢市・福井市の住宅リペア・フローリング補修は有限会社T・アート
ただいま、業務拡大につき石川県と福井県で新規スタッフを求人中です!
〒929-0327 石川県河北郡津幡町庄132-6
電話:076-288-3713 FAX:076-288-5671
【営業電話お断り】